アニソン名曲.com > 初音ミクのオリジナル曲 一覧 > Project DIVAのまとめ




sponsored link



初音ミク Project DIVAのまとめ(セガ公式動画集)

初音ミク Project DIVA

「初音ミク Project DIVA」は、

「セガ」より発売されている音楽ゲームシリーズであり、

音声合成ソフトとして爆発的な人気を誇る、

「初音ミク」シリーズのキャラクターを起用したキャラクターゲームとなっている。


メインビジュアルには、初音ミクのキャラクターデザインを担当したKEIを起用。

作中にはミクのセリフもあり、合成音声ソフトウェア「初音ミク」に、

歌声ライブラリを提供した声優「藤田咲」も出演している。

(出典:ウィキペディア)

初音ミク -Project DIVA- 2nd

作品一覧(提供:Amazon)を見る→


■ 初音ミク Project DIVA Youtube動画


■ 初音ミク Project DIVAの感想(出典:Amazon)


今回のDIVAはホントにスゴい!!
前作はどっちかというとキャラゲーとしては上出来だけど
音ゲーとしては微妙かなぁ…って感じだったのが、
2は音ゲーとしてもメチャメチャ楽しいです。
以下に音ゲーとして進化したところを簡単にまとめとみます。
・まずはなんといっても使うボタンが増えてプレーに幅が広がりました。
・リザルト画面でハイスコア!やコンポボーナス得点などが
詳しく表示されるようになった。
・前作はいいスコアを出すにはチャンスタイム次第だったのが、
そうじゃなくなった!(具体的に言うとチャンスタイム時の得点が一定になったため
一回ミスって、あぁ、終わった…ってならずにすみます。)
・新たに難易度が4段階になったため一番上の難易度はなかなか難しく、
音ゲーオタクの自分でも手応えが感じられてスゴい楽しいです。
・連打がかなり楽になった!というのも今回はうれしいことに
代用可能システムが導入さるています。
例えば、○ボタン連打の際は○→○→○→みたいな感じで交互に押すことで
○の連打が出来る。
×なら×↓×↓×↓みたいな感じ。分かりづらいですかね…。
とりあえずこのシステムのおかげで前作では
連打が無理で投げ出した人も出来るようになると思います。 などなどです。
前作の発売からあまり間もない発売でしたが
クオリティは間違いなく上がってます。
これはミクファンにももちろん、
音ゲーファンにも自信を持ってオススメできます!!




約15時間プレイしました。 高評価のレビューが多いようですので、
ここはあえて自分の感じたマイナス部分を書いていきたいと思います
購入のご参考になれば幸いです
(※エディットについてはまだ未プレイですので、他の方のレビューをご覧下さい)
<ロードについて> データインストールもつき、
ロード時間は前作より短くなりましたが、
ホームから色々なモードに移動する度にロードが挟まるので
回数自体は全体的にまだまだ多く、気になる人にはマイナスな点でしょう
<再録曲について> 本作には前作から17曲が再録されています。
勿論譜面は2nd用に長押し、同時押しが含む新しいものになっていますが
PV自体は前作と一緒のものであり、前作をやり込んだ人ほど、
見慣れたPVでプレイするごとに水増し感を感じる方も いるのではないかと思います
<PV鑑賞モードについて> 前作では曲の選択画面から直接PV鑑賞も選べて、
サクッと見られるお手軽さが良かったのですが
本作は、一旦DIVAルームを経由してPV鑑賞モードに入る必要があり、
やや手間が増えてしまいました
せっかく曲選択画面から直接衣装が選べる仕様になっただけに、
勿体無い変更だと思います
また、PV鑑賞モードにはプレイリスト機能もついており大変便利になった反面、
曲ごとにキャラや衣装を変えて プレイリストに登録できないため、
自分のイメージにあった構成でリストが作成できないのは残念でした
<DIVAルームについて> ボカロキャラ同士の交流が見られるようになり、
ルーム自体の意味合いも若干増しましたが、
まだまだオマケの域を出ないと感じます
購入したアイテムの設置範囲もある程度限られている上に、
設置時に部屋全体を見ることが出来ないので
置き場所のバランスを考えながら置くことが難しかったり、
アイテムをキャラにプレゼントしても無反応だったりと
痒い部分に手が届いていないと感じます
以上、自分の感じた不満点を幾つか挙げてみましたが、
個人的にはこれを補って余りある面白さがあり、
熱中してプレイしています 何より開発陣のボーカロイドに対する
理解と愛情がそこかしこに溢れていて「わかってるね!」と
心の中で呟くこと多数でした(笑)
客観的に考えて星をつけましたが、ボーカロイドが大好き!
という方には+5以上の星を加算しても過言ではないと思います
更にDLCにも対応しているということなので、
果たして今後どれくらいの規模で行われるのかが気になるところです




長押しや同時押しの追加、また方向キーも流れてくるターゲットに
反応するようになったことで、プレイの幅が大きく広がるようになりました。
難易度選択の幅が広がったことやチュートリアル導入により、
音ゲー初心者でも上級者でも満足いく出来になったと思います。
また、前作で違和感を感じたボタンの反応が改善されたのも非常に嬉しかったです。
データインストールでロード時間が短縮されたのも嬉しいですね。
映像に関しては、デュエット曲の凄さもありますが、
個人的に特徴的だったのは、ただ歌に合わせて踊っていた印象が強かった
前作のPVに対し、 その楽曲の原曲にあるストーリー性やイメージが強調された
今作のPVには開発スタッフのボーカロイドに対しての
深い思い入れが感じられました。
処理落ちも一部ありますがさほど気にならず、
前作よりも映像がキレイになったように思えました。
また、モジュールも前作では記号的なものが多かったのに対し、
今作では曲ごとにイメージして作られたため、
その曲ごとの世界観も広がったなと感じました。
ポイント制やヘルプアイテムの導入により、
リズムゲーム初心者でもいつかは必ず全ての衣装を集めることができる
というのも好印象です。
エディットモードの改良やDLCによる楽曲やモジュールの配信など
やりこみ要素もさらに増え、長く遊べるゲームになったと思います。
不満点、というか要望なのですが曲ごとにモジュールを設定して
保存できたらなぁと思いました。
フリープレイ内で衣装変更が可能になったとはいえ、
デュエット曲の場合だと2人分の手間がかかってしまうのが結構面倒くさい・・・
また、フリープレイ内でクリアやパーフェクトマークを示すアイコンがなくなり、
プロフィールでいちいち確認しなければならなくなったのも× とはいえ、
前作の不満点をほぼ解消した今作は非常に充実した内容となっています。
ボーカロイドファンのみならず、
一般の方にもオススメできるソフトだと思います。




前作プレイ済みです。 その上で今作を見ると
以前感じていたストレスが解消されている事に気付きます。
・オートセーブ機能  これは無かったのが謎でした。
・ボタン判定のタイミング修正  
前はかなり遅く押さなければいけなかったが
今回はジャストタイミングに近付いています。
・メディアインストールによるロード時間の短縮。
・モジュール変更が選曲画面で出来る ・エディットモードの
インターフェイス改善 等々、細かい点ですがきちんと改善されていたのは好印象です。
またボーカロイドという物が様々な媒体を通してユーザーが
作り上げたものであるという性質を上手く取り込んでいます。
 これはいくつかのPVが有名な動画にインスパイアされている事からみてとれます。
 作り手が十分ボーカロイドを理解した上でゲームに反映した事がよくわかります。
ファンとしては非常にうれしい点です。
全体の出来は他の方がレビューに書かれているので割愛しますが
非常に良い出来だと思います。
ただ、再収録の曲のPVは大幅に変えなくても何か変化が欲しかったところです。
星は上記の事を考えると4.75位、まあ★5ですね。
余談ですが低評価の所にアンチが沸いているようですがそれ以外に
【買って裏切られた】という意見はほとんど見当たらないので
安心して購入できるソフトだと思います。




今までこういうキャラゲー?的なものは見向きもしなかったのですが、
久しぶりにサクサクっとできる音ゲーがやりたくなり何となく購入。
…だったのに!!もう全てにハマってます!
敬遠していたキャラにまで(笑)
内容については、皆さん分かり易く説明してくださってる通りなので触れません。
ただ、私も今までこういうゲームはどうなの?
ちょっと…っと見た目だけで判断していた人間として、
そういう方達にも是非1度やってみる価値のあるゲームですよ
と言いたかったのです。案外ハマりますよ?




ミクのコアファンなファンでは無いのですが
可愛いムービーと楽しそうな店頭CMがきっかけで買いました。
2ndから初めて買いましたので前作とは比較は出来ないのですが
音ゲーがパラッパー以来の初心者のような私でも 挫折することもなく楽しめてます。
最初は流れてくるコマンドを目で追うのが慣れなくて 失敗してましたが
数回やると流れが分かるようになり 気づけば
ちゃんとプレイできるようになってました。
とにかく収録曲が本当にいいし、ダンスを観ているだけでも楽しいです。
そして、キャラを着せ替えられたり部屋を飾り付けたりなど
アイテム欲しさに色々と飽きずにプレイしてしまいます。
ボカロファンはもちろんそうじゃない方でも
音ゲーとして楽しめる内容だと思います。




■ 初音ミク メニュー

アニソン検索

「アニソン名曲.com」に
収録されているアニメソングを
五十音で検索できます。